CeMI北海道

活動紹介

地震・津波災害

 平成21年度

札幌市災害ボランティア研修 講師

 各種訓練・研修等を計画・調整する「防災リーダー」の育成、地域住民の自主防災意識の高揚と災害に対応できる「人づくり」を推進するために、自然災害支援のボランティアの意義や基本的な内容を学び、災害時における対応や被災地に対するボランティア活動について認識を深め、活動のきっかけとなることを目的として社会福祉法人札幌市社会福祉協議会が災害支援ボランティアスクールを開催しました。
 CeMI北海道では、NPO法人環境防災総合政策研究機構の加村邦茂主任研究員を講師として派遣し、「自然災害への対応」をテーマとして講義・図上演習を行いました。

加村主任研究員による講演会

参加者による図上演習結果

 平成21年度

豊浦町防災アドバイザー

 豊浦町が計画している防災事業に対する助言、指導を行うとともに、豊浦町民の防災意識と地域防災力の向上を目的とした啓発活動の運営支援を行っています。
  平成21年度は、避難経験がほとんどない豊浦町民が安全かつ迅速に避難行動を行うことができるよう、災害時の避難計画および要援護者の避難支援策の策定を目的とした住民ワークショップ企画を立案しました。平成22年度に津波災害を想定災害としたワークショップの実施、平成23年度にハザードマップの完成を目指した検討を進めています。

現地視察

現地視察

 平成20年度

ひまわり連合自治会DIG(札幌市)運営支援

 札幌市北区のひまわり連合自治会における冬期防災訓練で、地震災害における図上訓練を実施しました。加村邦茂主任研究員がコーディネーターを務め、地域の特性にあわせた地震防災について話し合いました。
 

日時 :平成21年 2月14日

場所 :拓北ひまわり会館

 平成19年度

津波防災まちづくり体験学習 in ところ

 (社)日本建築学会が主催、北海道立北方建築総合研究所および北見市との共催で「津波防災まちづくり体験学習in ところ」を実施しました。
 CeMI 北海道は、北見市を始めとする自治体や関係機関の職員向けワークショップを担当しました。高橋清理事の進行のもと、津波警報発表の際の避難状況と課題を共有し、今後の取り組みについて議論しました。
 

日時:平成19年10月12日~13日

場所:北見市常呂町

PageTop

活動紹介 Topにもどる

Copyright NPO CeMI Hokkaido. All Rights Reserved.