CeMI北海道

TOP| |洪水災害| |土砂災害| |火山災害| |地震・津波災害| |高潮災害

防災を学ぼう

  1/3

›› つぎのページへ

洪水災害はどうしておきるの?

普段の雨は、下水や小川を通って大きな川に流れ込んでいます。台風などで雨がたくさん降ると水があふれて洪水がおこることがあります。

洪水の原因には、川の水が堤防を越えたり堤防が壊されてしまってあふれてきて起こるものと、大きな川の水位が高くなったために下水や小川の水が流れ込めなくなってあふれるものがあります。

外水氾濫 内水氾濫

堤防が壊されて水があふれています

町の水が川に流れ込めなくなって洪水がおきています


大きな川の水が流れやすく、水位が安全な範囲に収まるようにいろいろ工夫されていますが、皆さんも普段から川に関心をもって見守ってください。

  1/3

›› つぎのページへ

TOP| |洪水災害| |土砂災害| |火山災害| |地震・津波災害| |高潮災害

PageTop

Copyright NPO CeMI Hokkaido. All Rights Reserved.