CeMI北海道

TOP| |洪水災害| |土砂災害| |火山災害| |地震・津波災害| |高潮災害

防災を学ぼう

  1/3

›› つぎのページへ

土砂災害はどうしておきるの?

近くに崖や谷がありますか?

台風などで雨がたくさん降ると、崖が崩れたり、普段水の無い谷から水と一緒にたくさんの土砂が流れてくることがあります。

こうした土砂でおこる災害が「土砂災害」です。

崖崩れでは崖下の家がつぶれたり、人が崩れてきた土砂に埋まってしまったりします。

谷川から出てくる土砂を含んだ流れは「土石流(どせきりゅう)」と呼ばれますが、普段の流れからは想像できないくらいたくさんの土砂が、しかも急激に出てきて、家が流されたり、川が近くで遊んでいた人を押し流したりします。

土石流

H 21年7月 山口県防府(ほうふ)市でおきた土石流

  1/3

›› つぎのページへ

TOP| |洪水災害| |土砂災害| |火山災害| |地震・津波災害| |高潮災害

PageTop

Copyright NPO CeMI Hokkaido. All Rights Reserved.